Beauty講座
年中無休の紫外線 うっかり日やけにご用心!

紫外線ダメージが肌年齢を加速させることは今や常識となっていますが、少しくらいなら大丈夫と油断していませんか。日傘や帽子だけでは紫外線対策は万全ではありません。
紫外線は雲やガラスを通過します。ちょっとした油断が積み重なって、ある日突然シミが現れてくることも!
肌年齢を加速させないためには、天気や季節に関係なく、毎日日やけ止めを使い、万全な紫外線ケアを施しましょう。

“日々、蓄積される紫外線万全なケアで肌を守る
日傘や帽子だけでは紫外線は防げません いつでも紫外線対策を 紫外線はガラスを通過 車の中でも日やけ! 日常生活で浴びる紫外線

日傘

日傘や帽子だけでは紫外線は防げません

紫外線は直接届くものだけではなく、空気中で四方八方に広がるものや地面や建物に反射して届くものもあります。日傘をさしていても日陰にいても、全方位から紫外線は届いています。

上部に戻る

日傘

天気や季節に関係なくいつでも紫外線対策を

曇りの日も雨の日も紫外線は雲を通過し地表に届きます。雪やアスファルト、水辺の照り返しなど、量に差はあれど天気や季節を問わず一年中、私たちは紫外線を浴びています。

上部に戻る

日傘

紫外線はガラスを通過室内まで届きます

冷房の効いた涼しい部屋にも、紫外線はガラスを通過し入ってきます。レースのカーテンを取り付けたり、テーブルを窓から離すなどの工夫はもちろん、室内でも日やけ止めを塗れば万全です。

上部に戻る

日傘

車の中でも日やけ!運転中も紫外線ケアを

UVカットガラスを使用していても、100%紫外線をカットできるわけではありません。車からの乗り降りや、窓やドアの開け閉めで紫外線を浴びてしまうので、車に乗るときも油断は禁物です。

上部に戻る

日傘

日常生活で浴びる紫外線毎日蓄積されています

洗濯物干しやゴミ出しなどで浴びる生活紫外線も合計するとかなりの量です。これらは蓄積されダメージとなって現れるので油断は禁物。わずかな時間の外出でも必ず日やけ止めを塗りましょう。

上部に戻る

◇アミノ酸:保湿成分